かんぽ生命 新ながいきくん デメリット

MENU

かんぽ生命「新ながいきくん」とは

V6の井ノ原さんが出演しているテレビのCMでもおなじみのかんぽ生命の新ながいきくん。このサイトをご覧になっていらっしゃる方は、「新ながいきくん」を検討されている方、もしくは保険の見直しを検討されている方がほとんどではないでしょうか?

 

  • 新ながいきくんは、今の保険よりいいかな?
  • 保険って複雑だから、郵便局の保険であれば間違いない気がするけど・・・
  • 入院特約「その日から」は入院初日からでるから、いい保険の様な気がする・・・
  • 新ながいきくんの保険料は郵便局だから他より安いよね?
  • 医師の診査を受けなくても簡単に入れていいよね・・・

 

このような心配や疑問をお持ちの方には役に立つと思います。

 

実は、私は保険選びで失敗した経験があるんです・・・

 

なので、私は必死に保険について勉強しました。専門家にも相談して最終的に私がどんな保険に加入したか知りたい方は、コチラのページに詳細を書いているので参考にしてみてください。

 

保険に入ってから「しまった!」なんてことになったら、悔やんでも悔やみきれないですよね。私が調べてわかったことを、これから紹介していきますね。

 

「新ながいきくん」の徹底解剖

 

新ながいきくんを検討している人は、「郵便局がやっている保険だから、なんとなく安心だろう。」とか、「テレビでCMしてるからこれでいいだろう。」と言うように考えている場合が多いでしょう。では実態はどうなんでしょうか?新ながいきくんを徹底的に解剖していきましょう。

 

えっ!? 新ながいきくんって安くないんだ・・・

 

まずは、下のシュミレーションをご覧ください。

 

条件
  • 性別:男性
  • 年齢:30歳
  • 保険料払込済年齢:60 歳
  • 基準保険金額:1000万円
  • 特約:なし

 

新ながいきくん(定額型)
月払保険料:21,100円

 

ソニー生命(終身保険)
月払保険料:19,620円

 

保障は同じなのに毎月1,790円も余分に支払う事になってしまいます。1,480円の差額を60歳までの30年(360か月間)支払うんです。金額にしてなんと・・・

 

532,800円です。

 

相当豪華な海外旅行に行けてしまいますね(汗)

 

入院初日からの保障は他社ではすでに当たり前

 

新ながいきくんの入院特約「その日から」は、「日帰り入院から保障、しかも保障は一生涯!」となっています。この入院特約とは、他の保険会社でいう終身医療保険の事です。

 

以前の終身医療保険では、「入院期間の最初の4日間は保障の対象外」などの「免責」がありました。しか新ながいきくんには、この免責はありません。つまり、入院初日から保障の対象となるのです。

 

こういう書き方をすると、新ながいきくんの入院特約は特別な感じがしますが、最近はほとんどの保険会社でもすでに医療保険に免責はありません。つまり、新ながいきくんの入院特約「その日から」が特別なわけではないのです。

 

医師の診断なしで加入できるのは、1000万円以下の保険だから

 

新ながいきくんでは、医師の診断なし、すなわち「告知」だけで加入できるから簡単だと言っています。しかし、これは新ながいきくんに限ったものではありません。通常保障額が1000万円であれば、大抵の場合告知のみで加入できます。

 

保険料払い込が終わっても保障は一生続く・・・これって当たり前です

 

テレビCMでは「保険料払込が終わっても、保障は一生続きます」という点を強調しています。これって、他の保険会社の同プランでも同じことなんです。では、なぜ新ながいきくんはこの点を強調するのでしょうか?

 

他の保険プランと比べて優れたところが無いからです。

 

新ながいきくんを検討した人が最終的に加入している保険とは?

 

「新ながいきくんが、実際には加入するメリットがないことはわかりました。じゃあ、どの保険に入ればいいのか?」

 

新ながいきくんを検討していた人に人気があるのは、以下の3つの保険です。

 

1.東京海上日動あんしん生命「メディカルKit R」(医療保険)
  業界で唯一保険を使わなかったら、保険料が返ってくる保険

 

2.東京海上日動あんしん生命「長割り終身」(長割り終身保険)
  終身保険で業界最安値レベル、解約払戻金の返戻率が高い(貯蓄性が高い)

 

3.オリックス「ファインセーブ」(定期保険)
  定期保険で業界最安値レベル

 

もちろん、上記の保険が万人に最適という訳ではありません。人によって何に比重を置くかは違うので、各々が必要としている内容の保険に加入するべきでしょう。

 

そういう時は専門家に相談するべきです。専門家と言っても保険のセールスマンに聞いてはダメですよ。彼らは自社の保険を売りたいのですから。

 

保険の事は「ファイナンシャルプランナー」に相談するのが一番です。彼らはお金のプロですし、あなたの人生設計を一緒になって考えた上で、中立な立場から最適な保険を紹介してくれるでしょう。

 

まずは、上記リストにある3つの保険資料を取り寄せて下さい。その上で、その資料を持参してファイナンシャルプランナーに相談すれば、よりご自身の理想とする保険プランが見つかるでしょう。

 

保険は人生で2番目に高い買い物なので、しっかりと理解をして納得した上で加入するようにしましょう。

 

お勧めのファイナンシャルプランナーは?

 

私がお勧めするファイナンシャルプランナーは「保険のビュッフェ」と「マネモ」です。お勧めの理由は、経験・知識豊富なFPだという事と、利便性の良さです。

 

保険のビュッフェ

保険のビュッフェの相談は、WEBで予約すれば、希望する日時・場所にファイナンシャルプランナーが来てくれますので、忙しい方にはピッタリです。
保険に関しての知識が全くない方でも懇切丁寧に教えてくれるので、しっかりと保険の内容を理解することができるでしょう。保険の代理店ではないので、どこか一社の保険を強引に売ってくることもありませんし、全ての中から中立的にお客様にあった保険の提案をしてくれます。

保険相談のマネモ

日本全国1100店舗以上あるマネモは、あなたの最寄の保険ショップが簡単に見つかります。経験豊富で能力の高いファイナンシャルプランナーが、あなたの人生設計にピッタリな保険を見つけてくれるでしょう!
万が一ファイナンシャルプランナーからしつこい勧誘をうけたり、特定の商品ばかりを進められるなどのケースがあっても、マネモが提供している「保険110番サービス」があるので、相談が初めての方でも安心です。